読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考を言語化するドリル

氾濫する川のように流れる情報に対し、浮かんでは消える思考を留め言語化するトレーニング

いきなりステーキでおかわり大作戦!

いきなりステーキ、好きですか?

関東を中心に展開する、立ち食いスタイルで美味しいお肉を比較的リーズナブルなお値段で提供してくれるステーキハウス、いきなりステーキ。

 

f:id:kamo4:20170127233849j:image

写真は、サーロイン300gさん。

 

ステーキは大好きなんだけど、混んでると聞いてたし、立ち食いがちょっとニガテなので敬遠してたんですが、最近は混雑も緩和され、かつ、予約すれば席にも座れることがわかり、とても気に入っています。ただ、リーズナブルとはいえ、なかなかのお値段ではあるので、そんなにたくさんはいけませんが。

 

平日15時までのランチタイムと、それ以外の時間帯のシステムが違うのですが、今回は夜のオーダーカットの場合の話です。

オーダーカット編 | いきなり!ステーキ

席に着く→肉切り場で欲しいお肉とグラムをオーダーカット→焼きあがったら持ってきてくれる仕組みです。

 

メニューをみると、いろんなお肉の種類が。ヒレもいいな、サーロインも捨てがたい、リブロースも美味しそう。

選べなかった優柔不断の私、両方食べる作戦を生み出しました。

そう、おかわり作戦です。

 

 

最初に最低ボリュームの、サーロイン200gを頼みました。肉は分厚い方が美味しいので、300g以上推奨と言われてるにもかかわらず、無視して200g。

f:id:kamo4:20170128000015j:image

ひゃーおいしそ。

 

そこで200gのサーロインと一線を交えた後、さらっと知らぬ顔をして、ヒレを200gおかわりです!

f:id:kamo4:20170128000644j:image

興奮しすぎて、写真を撮る前に乗っかってるバターとガーリックを払い落としてしまった写真。

 

ステーキって、ジュワーってソースを豪快にかけてがっついてると、食べ終わる頃には鉄板が冷めてて、なんかおいしさも目減りしてる感じするんだよね。「熱のごちそう」という点ではちょっと残念感がある。

 

元々は、私がお肉を1つに決められなかった際の苦肉の策だったんですが、200gずつわけることで、一度終わった夢がまた、熱々のまま蘇るという新たな価値が生まれちゃいました。

 

値段も、グラムに関わらず種類によって単価は固定っぽいので、細かく頼むことにユーザー側のデメリットは特にみあたらない。

 

いきなりステーキで、おかわり大作戦!

かなりオススメです。

f:id:kamo4:20170128001637p:image